たんぱく室

元キャバクラ店長、元NPO職員、元家電量販店員。色んな元がついた人間の雑記。

某アニメキャラの「すっごーい!」と「なのだ!」に自己を肯定してもらう毎日。

突然の出費で財布が軽くなり、面倒な人と出会い人間関係が重くなったりと精神的に参っている。ストレス発散の為に麻雀をするも、役満放銃してトップからラスになる始末。

 

いやー、車検、住民税、結婚式の祝儀が一気に来るのはきついですよ…

職場の新人君、「携帯忘れたんで今日帰りますガンメンソウハク‐」はやめてくれ…それゆとり世代関係ないからね?携帯なかったら死んじゃう病気かな?

 

 

まあ、お金の話、人間関係の話。どちらもある程度妥協をすれば、対処ができるんです。一応社会人になって久しいので大人の対応は心得ているつもりですし。

 

だけど、アラサーの自分には、結婚、出産、持ち家、定職。この話題は精神的にダメージがでかい。

 

f:id:hokuriku-amou:20170818025937j:plain

 

 

「こんな年になってまで何をしているんだ………」

 

 

この言葉が頭の中を駆け巡るごと風のごとし、脳みその中で連呼されること林のごとく。

 

数年前までは、寝る前に少し悩むくらいでしたが、最近はむしろ、寝起きの時の虚無感がすごい。仕事の日は「また繰り返しか…」休みの日は「今日何しよう…」と考える頻度がほぼ毎日。

上記の言葉が出てくるのも「これくらいの年にはこういう生活(具体的に貯金額、役職、家族構成も想像つく)をするものだ」と友人の話を聞いて危機感を煽られてしまうのが原因、隣の芝が青いどころかオールグリーンにキラキラ光ってる状態。

 

 

「自分の今までの人生を肯定して今を見つめ生きる」

 

 

こういった事が悩みを抜け出すには必要なのかもしれないが、それを自然にできるのも若さの特権なんだと思う。何か挫折をしても友人に相談し励ましの言葉をかけられるし、自分でふさぎ込むことが少ない。

だけど(自分だけかもしれないが)年を取ってくると周りにアドバイスを仰ぐ、相談する事が、自尊心からかできなくなってくる、そもそもみんな家族がいて、からみずらくなってくる。密な関係性が薄くなると、人から勇気づけられる言葉をもらうことが少なくなる。

 

だけどそのままではだめなのはわかる、だけど、どうすればいいかわからない。

この思考が堂々巡りすること火のごとく、何も行動に移せないこと山のごとし。

 

そんな人との関係性が薄くなり、自己を肯定してくれる勇気をくれる言葉が得られない時、メンタルのドツボから抜け出す為に、絶対やったほうがいいと思うおすすめの方法が、あるアニメキャラの言葉を連呼して聞く事である。自分はこれで回復した。

 

 

 

f:id:hokuriku-amou:20170818032555p:plain

 

そのキャラクターは「けものフレンズ」のサーバルちゃん。

f:id:hokuriku-amou:20170818032730p:plain

同じく、アライさん。

※画像はイメージです。

 

 

 

このキャラクターの口癖が本当に勇気づけて、肯定してくれるんです。

 

サーバルちゃんの口癖「すっごーい!!」はかわいいし、心の底から言っているし。

アライさんの口癖「なのだ!!」はその思い切りの良さから、聞いているだけで不思議な爽快感すら与えられる。

 

 

この口癖をマッシュアップさせた曲を聴くようになってから、鬱手前のメンタルから回復しました。

 

その曲がこちら

 

www.youtube.com

 

 

 アライさん

www.youtube.com

 

 

 

もう本当にありがたい、自分のやってることを「すっごーい!!」と言ってくれ肯定してくれて、不安を解消する為、思いを切らせてくれる「なのだ!!」と言い切る大切さ。

 

 

この二曲を聞いていれば、少なくとも世界の1割くらいの人達のメンタルは回復できるのではないかと本気で思う今日この頃。

 

ここまで、勇気づけられるアニメとアニメキャラは人生で初めてです、二期が本当に楽しみでならないのだ!!!

「同じ空は明日を始めてしまう」と椎名林檎は歌って、「月がきれいですね」と夏目漱石が書いた。

 

私は椎名林檎が好きだ。

そして、アルバム「無罪モラトリアム」はおじいちゃんになっても聞いているであろうぐらい好きだ。

 

 

小学生だった当時、親の車の中ではいつも椎名林檎のファーストアルバム「無罪モラトリアム」がかかっていて、その影響で、歌舞伎町の意味も知らないのに「椎名林檎が女王なら俺は歌舞伎町の王子になりたい!」と親に宣言し、そして、本気でそうなりたいと思っていた。私の小学校低学年の時の夢は「歌舞伎町の王子」でした、こんな夢を宣言された親ってどんな気分だったんだろう……

その十数年後に、歌舞伎町の王子にはなれなかったが、金沢片町のキャバクラの店長になったのは、多感な時期に車内でずっと椎名林檎を聞いていたという原体験が原因かもしれない。

 

 

そんな、好きすぎて、大きいという感じでは足りないほど好きなアルバム「無罪モラトリアム」を、久しぶりに一曲目から最後まで、スキップもシャッフルもせずに、通しで聞く機会があり、その際、9曲目の「同じ夜」の歌詞が素晴らしすぎるな~としみじみ感じました。

 

 

ここ数年、趣味で物書きを始めたのだが、夏目漱石が" I love you " の日本的意訳を「月が綺麗ですね」と表現したように、見た人聞いた人の想像力を刺激する言葉・文(今風に言うとパワーワード、なんなんだよパワーワードってって思っちゃうわ)を作りたいなと思っているんですが。

 

同じ夜の歌詞に、「月がきれいですね」と同じような表現があったので参考にしたいと思います。

 

 

f:id:hokuriku-amou:20170729031629j:plain

 

それが「同じ空は明日を始めてしまう」といった歌詞。

 

前途の「泣き喚く海に立ち止まることも、触れられない君を只想うことも」と相まって、失恋、振られた悲しさを「同じ空は明日を始めてしまう」といった部分だけで、一発で想像させてしまう。

 

失恋ソングとして有名ですが、歌詞表現はセンスの塊で、文学的にも高い評価を得ているのではないでしょうか?とか思っちゃう。

 

 

f:id:hokuriku-amou:20170729031848j:plain

 

 

英語でいうと、I was dumped。私はふられました。

 

そんな、夏目漱石に通ずるような歌詞を、21歳の若さで考え付くなんて、本当に天才だと思うし、最近の会いたくて会いたくて震えてる人たちでは到底太刀打ちできないだろうなと改めて思います。

 

本を読むことが語彙力向上につながるものだと思っていましたが、歌の歌詞から得れるものは非常に多いんじゃあないかな~

まずは、椎名林檎の聞き直し。もとい、歌詞の読み返しをしばらくしていきたいな~語彙力アップっぷ。

「スーツに白い靴下はダメ」が膠着的な就労の象徴

 

 

勤務中に、本社の検査員が来た。

 

事業所内のおかしなところがないか、一年に数回来る。

 

 

すごく厳しい目でいろんな項目をチェックしていくんだけど、当然、従業員の身だしなみもチェックする。

 

 

そこで、言われたこと

 

「キミ!靴下が白色とは何事か!!!直ちに履き替えたまえ!!!」(言い方は違いましたけど、結構ガチのトーンで言われた)

 

 

本社の言うことは絶対な会社、異を唱えることなどできず、コンビニに走り、靴下を買って履き替えましたよ……自腹で!!!

 

 

 

f:id:hokuriku-amou:20170705031320j:plain

 

なぜ、白い靴下はダメなのか?

 

調べてみると

 

・統一性がない

・スポーツ用

・決まりだから

 

 

など、理由があやふや。

 

というか納得は全然できるものではなかった…

 

 

 

じゃあ、なんでなのかと考えてみる。

 

 

自分の記憶が正しければ、小学校、中学校では白い靴下は禁止されていなかった。

どちらかというと、色物のほうがだめといわれていたような気もする。

 

 

それが、大人になるとなんで全く逆になってしまうのか?

 

多分、白靴下をはいて遊びまわっていた子どもの頃を思い出さないように。

大人としてのアイデンティティの証が、子どものころにはいていた白い靴下の拒絶なのではないのかな~

 

 

個人敵に、本当どうでもいい常識だと思うけど、みんなの大人としての証がそれであると思うと、何となく、哲学的に感じなくもない。

 

 

話の振れ幅が大きくなるけど、生き方の多様性、副業の推進などを最近、国が推奨しているが、白い靴下をはいて総理大臣が発信したら、広がりそうなきがしないでもない。

 

「白い靴下は、会社人の証!今こそ、それにとらわれずに、多様的な社会人を目指そう!!」みたいな感じでさ。

 

 

 

まあ、とりあえず、スーツには白い靴下が常識っていうのが、今の膠着化した就労体系の象徴だと思うからどうにかしてほしいよ。

 

そして、自腹で買った靴下代、経費で落としてほしいよ。トホホ…

ファミマとローソンが絶対的にセブンイレブンに敵わない所

セブンイレブン

 

食べ物は大体の物はおいしい

おにぎり100円セール・・・ついつい買いすぎてしまう。

ブリトー・・・ブリトーがうますぎる、売り切れているときの落胆は半端ない。だけどなんでウインナーをカレー風味にしてしまったんだろう?元に戻して!!

アイスコーヒー・・・味はもとより、「シュゴォォォォォ!!」ってコーヒーを淹れている時の音が狂おしいほど好き。

一風堂・・・カップラーメンでここまで「豚骨ラーメンを食べたい」といった欲求を満たされるとは思わなかった、チャーハンを一緒に買って、車の運転席で食べてると、らーめん屋さんのカウンターにいると錯覚するレベルのクオリティ。

 

 

などなど、食べ物以外にも、特徴点をあげようとすればいくらでもあげれるんじゃないかなと思う、コンビニ帝王セブンイレブン

f:id:hokuriku-amou:20170620030204j:plain

 

 

他のコンビニに比べて数多くの優れた点をがあると思うんですが、食べ物の味などは好き好みがあるので独断と偏見によって好き嫌いが出るかもしれないですが。

 

先日「あっ、ローソンやファミマはだから勝てないんだな」と確信した点を発見しました。

 

 

 

それは、電子マネーの残高が不足していた時の対応の違い。

 

セブンは専用電子マネーnanacoで会計をしたとき、残高が不足していると、ピーとなる

ローソン、ファミマでもEdyを利用して会計をしたとき、残高が不足していると同じくピーとなる。

 

しかし、その後の対応が全然違う。

 

セブンはチャージをする時、商品をバーコード通した後でも、現金を渡せば「チャージですね、有難うございます!」とスムーズに進む。システム的にそれが可能なので店員さんも当たり前の様に対応してくれる。

 

その他のコンビニでチャージをする時は、商品をバーコード通してしまうと、スムーズにチャージできない事が多い、多分、システム的に商品をバーコード通してしまうとその画面でチャージを行うことが出来ず、画面を保留ボタンか何かで切り替え、新しい画面でチャージを行わなければいけないと思われる。しかもその際、お客側が金額を画面タッチしなければいけないので、手間。

そして何より、ファミマやローソンでは「会計中のEdyチャージのやり方をわかってない店員さんに出会うことが多い

 

f:id:hokuriku-amou:20170604115658p:plain

 

 

レジ「ピー!」

店員「残高不足です」

自分「そしたら¥1000チャージで」

店員「えっ!」

自分「¥1000チャージで

店員「……不足分を現金で支払いでよかったですか?」

自分「……いえ、すみません¥1000チャージして、それで支払ってほしいんですけど」

店員「……少々お待ちくださいませヤリカタワカルヒトニキキニイクー」

 

 

この流れのせいで、Edy支払いの時、むちゃくちゃ気を使っちゃう様になっちゃったよ!!!残高がなくなってる時の「ピー!」が怖い!!!「残高を把握していないのに支払おうとしてすみませんでした」って思っちゃうんだよ!!!!特に「研修中」の方だと百発百中!!!

 

 

別に、時間がかかるのは別にいいんだよ……だけど気を遣うのはきついっす、いやーきついっす。

 

しまいには、この前、ローソンで名札に「○○リーダー」って書かれてた店員さんに「すみません、会計中のEdyチャージは出来ないんですトウゼンノゴトク」って言われちゃったからね……

リーダーがそういうんならしょうがないですね……現金で不足分払いますよ……小銭持ちたくないから電子マネーにしてるんですけどね……いいですよいいですよリーダーが言うなら…………ただ、この前別のローソンでは普通に出来たんだけどなー……まあ、いいですよいいですよ……残高把握してなかった僕が悪いんですから……

 

f:id:hokuriku-amou:20170620032415j:plain

 

 

まあ、コンビニに接客うんぬんを言いたくはないけど、こんなことにならないようなシステムにする事は出来るんじゃないのかなぁ

 

もう、Edyを使うのが怖いので、セブンイレブンだけでいいやってなっちゃうんだよな~

 

やっぱりセブンはナンバーワン!

禅やマインドセルフで得れること

 

最近、マインドセルフや禅が注目されている。

 

 

その教えや考え方はもとより、マインドセルフでは瞑想、禅では座禅といった取り組みをするのがいいんだよ~と、実際に実践する事がよいとされている。

 

 

両方に共通することが「瞑想や禅をするからと言って、成功したり悟りを開けるわけではないよ~」といった所、何かを得ようとすること自体が自分を苦しめているのであり、色んなしがらみに囚われる事をやめようよ、その為に、ただ今を見つめよう、とにかく座ろう。

 

囚われることに囚われることなく囚われずに囚われないで囚われることなく生きよ!

 

が大事……

 

 

 

とは言うものの、頭の中で「囚われ」が堂々巡りを繰り返してしまうのも特徴の一つ。

シンジ君も逃げたいときこんな感じだったのかな……

 

考えるのを考えるな、とは文章にするのは簡単だけど、実践するのは難しい。言うは易しおすしですし。

 

なので、自分なりに腹に落ちる「得られる事」を文面化してみた。

 

 

f:id:hokuriku-amou:20170606030828j:plain

 

 

結論から言うと、マインドセルフ、禅で得れるものは「自分の人生を本と見立て、目次を作れる」事。

 

そして、その本を作る際に一番重要なのが「句読点を付ける」事で、その方法が瞑想や座禅である。

 

 

 

生きてく上で、人と比べたり、社会に合わせようとすると、色んな事に囚われていく。

そうしない為には、自分を見つめ、内なる声を聴き、今を一所懸命に生きるのが大事だと教えられる……

 

だけど「自分を見つめる」ってむちゃくちゃむずかしい、まじムズイ。そもそも「自分」を考えすぎると、哲学の話になってしまい、堂々巡りどころじゃない……

 

自分らしくありのままに好きな事だけして生きていこうって、理想だけど、難しいんだよ……

 

アナと雪の女王のアナは、「ありのまま」が「氷を自由自在に操れる能力」を発揮する事だから、迷いはなかったんだよ。

 

じゃあ、氷を操れるような特殊能力がない人はどうすればいいのか……

 

 

大前提として、「人に歴史あり」といった考えの元、自分をストーリーの主人公にするしかない、本を作るしかないんだと思う(漫画でもいいけど)

 

そして「自分のストーリーを言語化」するには、句読点を付ける作業が必要になる。

日記を書くのではなく

 

「出来事に区切りをつける」

 

為に文面化、言語化する。

 

 

ああ……今日はあんなことがあったな、、、、、以前のあれは、こうなったな………

未来は………わからない

 

的な感じで、自分に目が行くようになるんだと思う。

 

 

これが出来な人は、「みんなそうなんだ」「あの人がああいうからこうすればいい」と受動的な考えに陥ってしまう。

 

「、」や「。」を付けないと社会に同化してしまう、同化しちゃう。

 

 

 

禅宗では、円相という絵がある、「〇」の絵を見た人が様々なとらえ方をする、といった考えの元書かれたもの(個人的にむちゃくちゃかっこいいと思う)

何か文章の区切りが「。」なのと関連があるのかもしれないとも思う。

 

 

禅から得れるのは「人生の目次」で

そのやり方は、座っているときに、頭の中で思い出に「。」を付ける事。

 

出来事に区切りをつける。

人に歴史ありなんだ、と自分で思い、自己肯定感というか、自己認識感を高める。

 

そうすりゃ、囚われがなくなるよ~と私は思う。

 

全くイライラしないレジ待ち

 

コンビニのレジ待ち、前のお客


商品は「ドンッ」とおく
定員に「袋なんていらない」とそっけない返事
金額を言われてからゆっくり財布を出す
小銭を数えてる時に、硬貨をパラパラと落として私の足元へコロコロコロ
一向に終わらない会計。

 

f:id:hokuriku-amou:20170604115658p:plain



私の後に隣のレジで並んだ数人が私を横切って出口へ……
「お待ちのお客様こちらへどうぞ」と定員さんに促され隣のレジへ。
さっきの人が、お釣りをしまう時、またもや盛大に硬貨をぶちまけたのを横目に
私は会計を終えて出口を出た。

 

 

車に戻って、さっき前でもたもたと会計をしていたお客を目で追いかける。
その客は車の助手席に戻り、運転席の女性にとびっきりの笑顔を見せる。

 

 


たぶん、6歳くらいの女の子
はじめてのおつかいだったのかな……

 

全くイライラしなかった。
むしろ、もっとレジ待ちをしていたかった
いや「がんばれ!」と応援しながら見守っていたかった。

 

 

そんな夜勤明けのコンビニで癒されたお話。

「買ってくれて」じゃなくて「サポートしてくれて」ありがとうっていいな~

個人で曲を作っている人のアルバムを始めてお金を出してダウンロードした。

 

 

アーティストの名前は「ミカヅキBIGWAVE

 

 

 

 

 

購入した人に対しての感謝の言葉に「買ってくれて」ではなく「サポートしてくれて」ありがとう。と表現していたのがすごく、グッと来た。

 

 

ミカヅキBIGWAVEの曲は基本フリーダウンロードなので、YouTubeなどでミカヅキBIGWAVEの名前のクレジットなしでガンガン利用されているのを見てると、すごくもったいないし、なんだかな~と思ってしまっていた。

 

 

だけど、今回の購入してみて、そんなことは問題ではないんだな~と感じれた。

 

 

 

というのも、購入する際のシステムが「値段を任意で決めれる」のだ、最低料金である1ドル以上であればいくらでも入力可能な仕組み。(まあsoundcloudから無料で落とすこともできるのだけれど)

 

ネットの世界では、創作者に対し

お金を払わず「これってすっごくいいよ~」と拡散する人たちと

「この人にはもっと頑張ってほしい」とサポートする人

2種類の人たちがいて、住み分けが明確にされてきている。

 

だから、創作者が発する感謝も「買ってくれて」という上下関係からなる表現ではない、フラットな関係性の表現が「サポートしてくれて」なのだと思う。

 

昔の芸能人や夜の女には「パトロン」という存在がいたそうだが。

これからは「パトロンの細分化」より一層加速していきそうだな~